地球外・奇人変人ブログ

アセンション

宇宙人生理論研究家 天河りえが語るアセンションの意味とは【前編】

アセンションの意味

 

マスターオブライフ協会の代表理事であり、NE運命解析学®︎の創始者である天河りえ先生。世にある様々な療法やセラピー、宗教などほとんどを網羅し、元宇◯連合の巫女という奇矯な経験をするなど、変わり種の持ち主です。そんな天河りえ先生に、現在活動中のNE運命解析士ハンターちかこ星組ゆうさが、現実世界で起こる「これってどういうこと?」「こんな時はどうしたらいいんですか?」というような様々な質問や悩みを直球にぶつけていくインタビュー連載です。

もうすでにアセンションしている人もいる

ハンターちかこ
りえ先生、「アセンション」という言葉は知ってるんですが、実際どういう意味なんですか?
天河りえ先生
世の中的に言うアセンションというのは、私たちの地球と人類が次元上昇することを言うんです。
うちのマスターオブライフ協会で言うならば、夜の時代から昼の時代へ「文明の変化」と「社会構造の変化」のことを言います。
”低物質文明から高度精心文明に”ということと、”一方向性社会”から全方向性社会に”という具体的に落とし混んでいるんです。

 

 

動画でわかる”宇宙プログラムのシフトによる時代と生き方の変化”

ハンターちかこ
そうだったんですね〜。
知らなかったです。

天河りえ先生
次元的に言うと、宇宙全史で言う3.58次元から5次元、6次元。
実はね、一斉にみんなが3次元から5次元に次元上昇するというような変化ではないと思っているんです。
 
星組ゆうさ
どういうことですか!?

天河りえ先生
もう日々の生き方で5次元に行っている人はいるんですよ。
下手したら、すでに5次元にいる人でも、もっと上の次元にアセンションしないといけない人もいるんです。
だから物質的な3次元から5次元に次元上昇っていうのは、魂的なレベルから見て、みんなそれぞれ違うんじゃないかなって思っているんです。
言うなれば、すでに次元上昇、アセンションしている人はいるんですよ。
天河りえ先生
現実問題として、肉体は3次元という物質世界にいるけれども、すでにアセンションしている人達は、中身の周波数が5次元の位置、領域に行っているのだと思うんです。
 
星組ゆうさ
先生、ちょっと難しくなってきました・・
天河りえ先生
要するに、私がよく言っている『しあわせな成幸者』のことですよ。
自分の価値を提供して、天命を生きているとか、志を見出して生きている人達っていうのは、もうすでに必要な人やことや物は、タイミング良く出会っているわけなんですよね。

 

《シフトした時代のしあわせな成幸者の定義》

本当の自分を知り、天命に根差した価値を提供し、循環させる、新たな時代の人と社会の光となる在り方を自然にしている為、生涯、全宇宙に応援される。全宇宙に応援されはじめると、人生に今、必要なもの、こと、人、財は、死ぬまで、必要と思う前にタイミング良くもたらされる。そのことを知っているので、将来に不安はなく、豊かな人生を自由に創造できる、そんな境涯にいける人々。

 

天河りえ先生
マスターオブライフ協会の定義している『しあわせな成幸者』というのは、アセンションしている人のことなんですよ。
『本当にここっていう時に色んな人達と出会って、タイミング良く色々なことが起こる。そこでまた何かきっかけがあって、行き着くところに流れる』っていうのが当たり前っていうフィールドにいる人は、かなりアセンションしてると思います。
ハンターちかこ
なるほどですね〜。
今までの時代は、みんな3次元にいたということですよね?
天河りえ先生
そうですね。物の考え方が一方向性社会だったからですね。
ハンターちかこ
これからは、それぞれが違う次元の領域にいて、肉体だけが同じ位置にいるっていうことですね。
天河りえ先生
まぁ、そういうことですね。
全方向性社会になると、中身が5次元、6次元の方向性に向かう人達が多くなってきますからね。今、地球自体も周波数がどんどん次元上昇しているから、あまりにも地球の周波数と合わないで次元上昇できない人は、共振共鳴できないので、宇宙に帰ってしまう人もいれば、肉体が消えてしまう人もいれば、もっと過酷な星にディセンションしてしまう人もいれば・・色々ですね。
天河りえ先生
”劇的に何かがドカン!と起こって、キリスト教で言っている14万4,000人が一気にアセンションします。あとは、ハルマゲドンが起こってドーン!”みたいな、そういうニュアンスのことではないと思いますよ。
すでに、ハルマゲドン的な状況に陥っている人もいれば、アセンションしている人もいるっていうことですよ。
星組ゆうさLv1
だんだんと分かってきました!

周波数が変われば、関わる人も環境も縁も起こる事も変わる

ハンターちかこ
地球自体は、いつアセンションするんですか?
天河りえ先生
徐々にしていると思いますよ。
ただ、大きなものは、2038年だとも言われてますね。しかし宇宙全史でも言ってるいるように地球次第でもあるし、地球人次第でもあるのでしょうね。
天河りえ先生
私がよく、『夜の時代から昼の時代に移行していく』って言うでしょ。
それは周波数が全然違うところに行くっていうことなんですよ。現実的に、SFのような凄いところに行くっていうことではなくて、日常の流れが変わってくるのです。
周波数が変わってしまえば、関わる人も環境も縁も起こる事も変わりますからね。
ハンターちかこ
先生がよくおっしゃる、”テーブルが変わる”っていうのもそういうことですか?
天河りえ先生
まさに、そういうことです。
テーブルっていうのは、”魂の位置”のことなんです。そこは、魂の進化具合、境涯とも言いますが。
天河りえ先生
ゴリラから毛が生えたぐらいの欲とエゴだけで生きているテーブルの人達もいれば、生まれた目的を理解し、天命や志に根ざして生きている非常にレベルの高い人達のテーブルまでいっぱいあるわけですよ。
ただ、テーブルが上がる=(イコール)アセンションっていうわけではなくて、レベルアップして、アセンションする位置に上がれば、アセンションっていうことになるんです。
ハンターちかこ
アセンションっていうのは、テーブルが上がった後に起こることなんですね!
天河りえ先生
そうですね。例えば、5番テーブルを境目にアセンションできるとすれば、まず1番テーブルの人は2番テーブルに、2番テーブルの人は3番テーブルにレベルアップしていかないといけませんね。
でも残念ながら、急がないと地球はもう5番テーブル以下の人はいらないよって決めてるんですね。
だから、早くエゴや自己中から抜け出して、人や社会や地球に貢献できる生き方に切り替えていきましょうね。

 

マスターオブライフ協会=アセンション学校!?

天河りえ先生
うちのマスターオブライフ協会で学ぶっていうことは、『テーブルを上げる』ということですよ。
天河りえ先生
少なくとも、アセンションって言ったり、うちのマスターオブライフ協会で言う夜の時代から昼の時代へっていうのは、自分の中身の周波数帯を上げないといけないのです。
中身の想い、考え、無自覚レベルの信念、反応が周波数になってるから、そこを「どうやってレベルアップしていくのか?」っていうところが、ある意味うちの学びですね。
要するにアセンション学校みたいなものですね(笑)
星組ゆうさ
そっちの方が世間にはウケるかもしれないですね(笑)
ハンターちかこ
そうだね(笑)
マスターオブライフ協会で言う、ライトマスター・ライトチルドレンっていうのは、アセンションしている人達のことですか?
天河りえ先生
もちろん、そういうことですよ。アセンションしている人達の領域です。
だからそこを目指しましょうよっていうことですね。

《ライトマスター・ライトチルドレン》

進化した人類の象徴です

「人生を自由に創造する賢さを持つ人」

 

「自他を照らす純粋な愛と光の人」

次回は、アセンションするためにはどうしたら良いのか?

予定では10分の収録だったはずが、気付けば60分に!

いつもの如く、りえ先生のパワフルなトークが炸裂し、1回に収まりきれなかったので、第2段に続きます・・!

取材/白川千佳子  文/後藤悠紗

 

\SNSで最新情報を受け取る/

Twitter Facebook

 

天河りえプロフィール

NE運命解析学とは

この記事をシェアする

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »