地球外・奇人変人ブログ

生き方

樹木希林さんは昼の時代の人種!? 樹木希林さんから学ぶこれからの生き方1

引用:映画『日日是好日』公式より

天河りえ先生は、フューチャリスト、一般社団法人マスターオブライフ協会の代表理事であり、NE運命解析学®︎の創始者です。世にある様々なセラピーやヒーリングスキル、運命学、ボディワーク、コーチングなどほとんどを網羅し、元宇◯連合の巫女という奇矯な経験をするなど、変わり種の持ち主。そんな天河りえ先生に、現在活動中のNE運命解析士ハンターちかこ星組ゆうさが、現実世界で起こる「これってどういうこと?」「こんな時はどうしたらいいんですか?」というような様々な質問や悩みを直球にぶつけていくインタビュー連載です。

2013年に全身ガンを公表し、先月15日に亡くなられた樹木希林さん。
あの年代で、既存の概念や枠型にはまらない考え方、生き方をされていた樹木希林さんに、りえ先生も注目していたそうです。
そこで今回は、初参加のNE運命解析士のきぬぱーくさんも一緒に、樹木希林さんから学ぶこれからの時代の生き方についてお話を伺いました。

樹木希林さんは昼の時代の人種!?

きぬぱーく
初参加のきぬぱーくです!
よろしくお願いします!
天河りえ先生
きぬぱーくちゃん、よろしくね!

この間、NHKのオンデマンドで『”樹木希林”を生きる』という番組を見たんですよ。
それがすごい面白くて。あの人は、完璧、昼の時代の人種だと思いましたね。
ハンターちかこ
へ〜!そうなんですね!
天河りえ先生
樹木希林さんっていうのは、今まで密着取材というのを一切受けていなかったみたいなんです。
それが亡くなる2年前に、縁があった福岡の放送局の方が、樹木希林さんにもの凄く惹かれて、「どうしても密着取材をさせて欲しい」とお願いをしたそうなんです。
そうしたら、OKが出たそうで、最初で最後の密着取材になったみたいなんですよ。
ハンターちかこ
面白そうですね〜!
天河りえ先生
オンデマンドや再放送があると思うので、ぜひ見てみたら良いと思いますよ。

樹木希林さんって一切、マネージャーをつけていないかったんですよ。
全部自分でやっていらっしゃったので、プロデューサーさんとの値段交渉の場面とかもあったりするんですよ(笑)
星組ゆうさ
気になります(笑)
天河りえ先生
昼の時代の人っていうのは、基本的に会社や組織に属さなかったり、大きくしようとはしないんです。
私の亡きマスターも言っていたんですが、何か自分で事業をやるとしても、自分のできる範囲のことを自分でやって、社員は、自分の目、鼻、口、手足のみ。
後は、うちのマスターオブライフ協会でいう嵐バージョンのように、同じ方向性を持つ人たちとともにコラボしていく形をとっていくんですね。

天河りえ先生
樹木希林さんって、まさにそういう働き方を体現していた人で、自分ができることは、全部自分でやると決めて、人にも『自立』を促すし、自分自身も『自立』していた人なんです。
天河りえ先生
番組の中で面白いエピソードがあって、樹木希林さんの娘さん(内田也哉子さん)を10歳の時に、1年間ホームステイに出したそうなんです。
普通だったら、親は娘のことを心配して、電話したり、手紙を書いたりするものじゃないですか。
星組ゆうさ
そうですね。
天河りえ先生
だけど、そこで也哉子さんが出てきて、樹木希林さんは1年間、そういうことを一切せずに、置き去りだったと言うんですよ(笑)
樹木希林さんとしては、「自分の方が置き去りにして欲しかったのよ」とおっしゃっていて、要するに、お互いが自立して生きていけるように促していたんだと思います。
天河りえ先生
ある意味、こういう感覚、認識というのは、昼の時代の人種の特有の考え方なんですね。
通常子供というのは、16歳を過ぎると親の庇護を離れて、とにかく自分で生きていく力をつけていくというのが、昼の時代の生き方、考え方なんです。

例えば、極端ですが、16歳を過ぎたら、親と一生会わないくらいの覚悟やマインドで生きると、今みたいな、晩年になっても子供が親の面倒を看ないといけないとか、逆に親が子供の面倒を看ないといけないとか、何かにしがみついていないと、生きていけない…というようなマインドが無くなるじゃないですか。
ハンターちかこ
そうですよね。
天河りえ先生
樹木希林さんは、そういう考えを持った上で、也哉子さんを10歳のときには、ホームステイに出しているんですよね。
ハンターちかこ
10歳とは!早いですね〜!(笑)
天河りえ先生
本当に早いですね(笑)

昼の時代の生き方は「自立」

天河りえ先生
他にも樹木希林さんが出ている番組を見てみたんですが、本当に樹木希林さんは至るところで『自立しなさい、自立しなさい』とおっしゃっていたんですよ。

クローズアップ現代という番組で、樹木希林さんは、色んな人達に励ましの手紙を送っていたんです。
その中で、介護の専門学校に通っていた男の子に、「介護が必要なおじいさん、おばあさん達を依存させるのではなく、そういう介護が必要な人達に対しても、自立を促せるようになると良いわね」というようなニュアンスの手紙が書いてあったんです。

でも当時彼は、まだ学生で、実際に職に就いていたわけではなく、これからなりたいという状況だったので、手紙をもらった時は、樹木希林さんが言っている意味が全く分からなかったそうなんです。
天河りえ先生
どうしても心が優しい人というのは、「自分が何とかしてあげたい、やってあげたい」と思うじゃないですか。
でも自分が何でもかんでもやってあげることで、相手を依存させてしまうのは良くないと。

結果的に彼は、実際に現場で働くことで、樹木希林さんの言っていた「人には自立をさせなさい」という意味が、もの凄い分かったとコメントされていました。
天河りえ先生
樹木希林さんご自身も、最後まで家族にも迷惑を掛けずに、『自立して生きる』ということを貫き通していた方だったなと思いましたね。
まさに、考え方、生き方が昼の時代の人種だったと思います。
皆さんも機会があったらぜひ、オンデマンドとかYoutubeとかで見てみてください。

引用:https://withnews.jp

樹木希林さんも奇人変人

ハンターちかこ
樹木希林さんが生きていた時代っていうのは、まだまだ夜の時代だったと思うんですけど、生き辛かった…ということはあるんでしょうか?
天河りえ先生
いや〜、生き辛かったと思いますよ。
全身ガンというのは、因縁もあると思いますが、相当、自分の中で色々な葛藤があったと思いますよ。
でも葛藤はあったとしても、そこで流されていないですからね。
ハンターちかこ
そうですよね。
天河りえ先生
逆に、本人も言っていましたが、女優だったから良かったのかもしれませんね。
ハンターちかこ
そうかもしれませんね。
女優だったから、”個性派女優”という感じで受け入れられたけれども、普通の社会の中で生きていたら、かなり変わった人ですよね(笑)
天河りえ先生
超奇人変人ですよ(笑)
ハンターちかこ
でも夜の時代どっぷりの中で、よくあそこまで自分の生き方を貫き通せましたよね。
天河りえ先生
そうですね。
夜の時代に昼の時代の生き方しかできないと、亡くなってしまうことが多いんですよね。
周りから、変な人と見られるか、超ド天才と見られるかが多いんですが、中には、ツラくて早く死んでしまう、還ってしまう…という人が多いと言われています。

でも、樹木希林さんは女優という職業で、自分の個性を良い形で磨けて、幸いだったと思います
ハンターちかこ
昼の時代の礎という感じですね。
天河りえ先生
そうですね。どんなキャストを持っているか気になりますね!

とにかくどの番組を見ても、媚びないし、本当に言いたいことをはっきり言っているんですよ。
化粧をしていても、メイクさんの手を持って、自分で化粧をしていたりするんです(笑)
本当に面白い人です。
きぬぱーく
でも、すごい魅力的な人ですよね。
天河りえ先生
そう!魅力的!
惹きつけられますよね。
きぬぱーく
ああいう感じの人になりたいな〜と思ってて。
天河りえ先生
お〜良いですね。
突撃隊長なんじゃない!?(笑)※きぬぱーくさんの本質は、突撃隊長
一匹狼で、基本結婚には向かないっていう(笑)
きぬぱーく
そうですね(笑)
ハンターちかこ
突撃隊長か変革者っぽい要素が入ってそうですよね。
天河りえ先生
要素としては入ってるでしょうね。
本当にこれからどういう生き方が良いかって言ったら、樹木希林さんのような生き方は良いと思いますね!

 

NHKスペシャル”樹木希林を生きる”は、10月20日に再放送があるようです。

ぜひ、ご覧になってみて下さい。

そして、今回のブログはシリーズ編です!続きもお楽しみに!^^

取材/白川千佳子 , 宮坂絹枝 文/後藤悠紗

 

\SNSで最新情報を受け取る/

Twitter Facebook

 

【あなたの本質を無料で診断】あなたの運命プログラムを知るには、まず簡易版(無料)の
「本当の自分へのパスポート」をダウンロードしてみてください。

本当の自分へのパスポート
無料体験版

>>>自分の本質が分かる「本当の自分へのパスポート」の詳細はこちら

この記事をシェアする

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »